会津若松スケッチツアー 2013年10月13日〜14日 ホームへ戻る

13日、天候は快晴・・・参加者全員がきっと普段の行いが良いんでしょうね。

当日、乗車のバスの写真を撮るのを忘れましたが、同型車の姿です。ホームページからの転載。  28人乗り、正席22・補助席6

これにて会津若松へ出かけます。

参加者は10名プラス講師とアシスタント1名の合計12名でした。
秦野発6名・新宿乗車4名

同じマイクロバスでも佐原・潮来の時とは違い大変乗りごこちが良かったです。
ゆったりとした車内では和気あいあいの中、途中計算外の渋滞にあいましたが快適な旅です。

 

ずっと高速道路の走行なので、どこだか分らない風景が続いたが、会津若松インターを過ぎ一般道に入りやっと視界に
会津磐梯山が見えたので一写!

会津若松に着きました。

12時の定刻より少しオーバーで昼食の場所 桐屋 夢見亭に到着。

予約時間を過ぎてしまったので、暫し席ができるまで、桐屋の庭内を散策、スケッチをする。
右が蕎麦処 夢見亭、奥が時代物の桐箪笥や生活小物などのグッズを扱う桐屋本店、昔は茅葺きでこの地方独特の屋根形状だそうです。

スケッチ 桐屋本店 カドワキノブオ F1
桐屋の外観
白い大きなのれんに、墨文字は印象的。


やっと、食事が始まりました。
大平さん、オガワさんは当然ビールですね。
みんなでこんな感じです。
けっこう、おいしい蕎麦でした。
蕎麦もさる事ながらつまみの
「身欠きにしんの山椒漬け」が旨かった!

食事の後はいよいよスケッチの場所
会津武家屋敷を訪ねました。

江戸時代の会津藩家老 西郷頼母の屋敷を中心に歴史的建造物が軒を連ねる屋外ミュージアムです。

約束の時間に遅れてしまったのですが、福島 郡山在住の協会員、添田寿太郎さん御夫妻が我々一行を出迎えてくれました。

今回のツアーのアイデアをずいぶん頂きました。ありがとう。

メンバーは早速スケッチを開始、旧中畑陣屋を描いています。
こちらも木陰でスケッチです。
この中にうちのメンバー5人がスケッチしていますよ。
スケッチをする大平さん・・・絵になりますね。
 
往事の屋敷での生活のワンショットを人形で再現しています。

1時間30分のスケッチ時間でした。

 

スケッチ 武家屋敷 カドワキノブオ A4

この後、飯森山の「さざえ堂」が予定にありましたが、山を登って上でスケッチするには時間的に暗くなるので、これは中止し真直ぐホテルに向いました。

それでは、資料写真だけで。
ま、ここは短い時間でスケッチするにはかなり
難しい題材でしたね。




今晩、お世話になる「中町フジグランドホテル」
に少し早い時間に到着しました。
ホテルのある通りは「野口英世青春通り」という文字どおり、あの野口英世が少年から青春にかけて暮らした町でした。
古き雰囲気のある風情です。

明日、朝はやくスケッチに出かけてみよう。

夕食は全員で郷土料理の輪箱飯「田季野」へ
出かけました。

会津西街道の糸澤陣屋を移築復元した雰囲気のあるお店です。

入口を入った帳場がある待合です。

二階にあがった、天井吹抜けの感じの良いひと部屋の席でした。

まず、皆さんのスケッチをみなで鑑賞しながら、講師 カドワキの寸評を行い、同行した大平さん、オガワさんからも一言ヒントを頂きました。

時間に間に合わず、完成していない作品もありましたが、みなさん真剣に取り組んでいるのが良く分ります。

さ〜て、食事が始まりました。
食前にビールのひと、地元のお酒の人など、それぞれが軽く頂き、輪箱飯と郷土料理の付け合わせを楽しみました。

食事後、皆さんは自由行動で三々五々ホテルに帰りました。

翌日の早朝、まだお店は営業していません。

壱番館 珈琲館
スケッチ 福西本店 カドワキノブオ F1
福西本店
スケッチとは逆のアングル。
ひと回り、野口英世青春通りを巡って空腹を抱えて朝食を取ったホテル1階のレストランです。
大平さん・・・・?
二人とも子供心に帰って・・・・ホテルにて。

朝食後、出発です。

ホテルから直ぐ近くの、本日のメイン、スケッチスポット。
会津若松 鶴ヶ城です。見事に美しい姿ですね。
唯一の赤瓦の名城。
オガワ ヒロシさんのスケッチ現場ですね。
本人はベタなアングルだと謙遜してますが
この城を描くには王道のアングルです。
帰路のバスの中で仕上げたという
スケッチ 会津若松 鶴ヶ城 オガワ ヒロシ
メンバーの1人がスケッチしてます。
スケッチ 会津若松 鶴ヶ城 カドワキノブオ F1
こちらもメンバーたち4名です。

会津若松 鶴ヶ城では1時間.30分のスケッチ時間でした。 どうも、予定通りの時間で消化できません。
もっとゆっくりスケッチをしたいのですが、次に予定した、3.11の東北大震災から見事に立ち直った、復興のシンボルと言われる本宮市のアサヒビール工場見学と昼食を取るアサヒビール園へ向います。

 

 

本宮市のアサヒビール工場全景です。
本宮市のアサヒビール工場 エントランスです。
工場の敷地内にあるアサヒビール園です。
アサヒビール園で昼食。
ジンギスカンを頂きます。
時間がなく、75分の工場見学はパスし、その分
食事の時間とその後の休憩を取る事としました。
ここも、計画通りにはいきませんでした。
復興の工場を見る事が叶わず、薦めてくれた福島在住の添田さんに申し訳ない思いです。
帰路は時間通り、スムースに進み、定刻に新宿に帰ってきました。 4名下車です。

秦野駅には定刻よりほんの少し遅れて到着。
バスの運転手さんも大変良い方でした。
無事に帰れた事を皆様に感謝します。

お疲れ様でした。以上報告です。